女性がセックスでイカない原因は男性の前戯や愛撫?クリイキも中イキもしやすくなる方法を解説!

女性はセックスでイカないのが普通。そう思っている男性、多くないですか??

女性だってちゃんとしてくれれば相手がみんなイクことができます。女性は全員が全員イクとは限らない、と思い込んでいると、男性側の都合の良いように解釈してしまっているだけかもしれません。

というわけで今回は、セックスで女性がイカない原因として考えられる男性の行動をまとめました!ぜひ目を通してください。

 

雰囲気づくりが下手すぎて最悪

女性がイカなくなる原因の1位は絶対に雰囲気が悪いということです。間違いありません。

女性にとって気持ちいいセックスは雰囲気のあるセックスです。気持ちが高揚して相手に寄り添えばイクことも難しくありません。

でも雰囲気のあるセックスをしてくれるのは最初の数回くらいだったりするんです。
回数を重ねればセックスは作業になってしまい、ムードもなくキスから入り、挿入するために前戯をし、射精をすれば終わり、という何のムードもないものとなります。

これは簡単なことではごまかせません。「あ、こいつ適当にやってるな」と白けてしまう瞬間を感じてしまうと、もうムードはゼロ。キスの仕方、前戯の仕方…全てにおいて愛があるかどうかを意識してしまうのが女性なんです。

 

前戯がない、痛い、雑、気持ちよくない

作業となったセックスで最も顕著に表れてしまうのが前戯です。これはガチ。

アソコを指で触ってくれるときなんかすぐにわかります。初めてのセックスではまるで腫れものを触るように優しく丁寧に触れてくれたのに、慣れてくるとちょっと乾いていようがお構いなしに触ってきます。アソコを濡らすために強めにクリを擦られているのも感じるんです。

優しく、丁寧に、これは女性がイク過程においてとても大切です。アダルトビデオなんかでは、激しさばかりが強調されますが、実際にはあんな激しさ必要ありません。だいたいの女性はあんなに激しくされたら痛いだけだし、気持ちよくありません。

ゆっくり丁寧にじわじわ攻めてくれるのが一番イクことに近づくのです。

あとなにげに1番ヤバいのは、前戯がない男性。
これはもう論外です。自分が射精することだけ考えてる男性はどっか行ってください。

 

激しすぎる手マンよりも、ゆっくりじっくりねっとり愛撫が1番イキやすくなる

挿入してからも前戯と同じことが言えます。アダルトビデオでは激しく腰を打ち付け、音がなるほど激しくなった末に女性が絶頂しているというシーンがありますが、私はあんなイキ方をしたことはありません。

もっと地味なピストン運動の繰り返しで、緩急をつけた抜き差しを同じペースで数分続けた末にぞわぞわっとオーガズムを感じるのです。

男性はピストンは強くすれば女性が気持ちよく感じると思っていますが、強さだけでは痛さになってしまうんですね。

なので、時に激しくすることも気持ちいいですが、緩急がけっこう大切です。そしてイカせるためには、激しくではなく優しく。「これだと気持ちよくないかもなー」と思うくらいゆっくりじっくりねっとりした優しい愛撫が最高に気持ちいいし、「いよいよ次は挿入…」って意識させるような手マンをされると、クリイキも中イキもしやすくなるのです。

おすすめの記事