キスは男性も女性も好きなコミュニケーションのひとつだと思います。

彼や彼女とキスするのは気持ちいいし、幸せな気持ちになれますよね。(私はなりますよ!w)

ですが、私のように不特定多数の男性とキスしたことのある人間から言わせてもらうと、男性の中にはキスが下手な人が一定数います…!

 

「へ〜そうなんだ~」って思いながらいまこの記事を読んでいるあなたも、もしかして「キス下手男子」かもしれませんよ?

ではここからはキスが下手な男性の特徴をあげていきますね。

 

とにかくキスがワンパターン

キスがとにかくワンパターンなタイプの男性、いるんですよねぇ。

「えっ?キスってそんなにいろいろ種類ある?」って思ったあなたは「キス下手男子」かもしれません!

 

はじめにソフトなキス、からの、舌を絡めてのディープキスをちょっとしたら終わり、みたいなワンパターンだと、女性も飽きちゃいますし、だんだんドキドキしなくなってしまいます。

キスに強弱をつけたり、激しいキスからのソフトなキスなど、雰囲気を変えてみたり。

いろんな方法のキスを試して「キス下手男子」から脱却しましょう。

 

キスしている時こそ「手」も重要!

キスしているとき、両手はどうしてますか?
ただぶらんぶらんさせているだけのあなたは残念ながら「キス下手男子」です!!

背中や頭に添えてるという男子。それはものすごく「普通」です。

 

両手はキスするときの武器。
ときには激しいキスとともに髪を掴んだり(痛くない程度に)、顔や顎に優しく手を添えたり、激しく胸をさわったり、ぎゅっと抱きしめながらキスしたり。

両手もしっかりと駆使してキスしてくれる男性は、キスもすごくうまいです。

今日から「両手」も意識してみてくださいね。

 

ただ舌をからめるだけ

ディープキスって、ただ舌を絡めるだけだと思ってませんか?

そんな「キス下手男子」は是非改善してください!

 

ディープキスをするときは、ただ舌を絡めるだけじゃなく、舌を吸ったり、口のなかやくちびるを舐めたり。

ときにはお水を口移ししたり、唾液を垂らしたりっていう激しいプレイもしてみたり。

そんなエッチなキスをされたら、女性はドキドキするし、メロメロになってしまいますよ。

 

まとめ

どうでしたか?
自分は「キス下手男子かも…」と思った方もいたかもしれません。でも今日から「キス上手男子」になることができます!!

まずはワンパターンからの脱却。
ソフトなキスからの、両手を駆使して、舌を絡めたり、吸ったり舐めたりとだんだんエッチなキスにしていくと、きっと彼女はキュンキュンするはず。

いつもとちがうキスで、彼女をドキドキさせちゃいましょう!

おすすめの記事