女性はなぜパイパンにするのか?メリットとデメリットを解説

パイパンって…女性は一度は考えたことあるんじゃないでしょうか。

アソコの毛を全部剃ってもう何もかもさらけ出しちゃう!なんて気持ちよさそうなんでしょう!(笑)
それと、見ためがエロくていいよね!w(これは男性視点でもそうなんじゃないでしょうか?w)

 

そもそも女性はなぜパイパンにするのでしょうか。そのメリットとデメリットを解説していきましょう!

 

パイパンにすると気持ちがいい!

パイパンにする理由は大きく2つあります。

1つは性病になったから。仕方なく毛を剃るわけです。
悲しいですね…。

そして2つめは気持ちいいためです。
やっぱり毛って女性からしても邪魔なんです。チクチクするときもあるし、生理のときなんかは血がついて最悪。

 

毛がなければ、デリケートエリアのかゆみだって多少マシになるだろうし、爽やかだろうな~って思います。少なくとも私は思っていました。

そして実際にパイパンにしたときの感想は「爽快!!!気持ちいい!!!」でしたねぇ。

 

パイパンだとSEX(セックス)の時も興奮度は最高!

パイパンにすると、エッチのときにもメリットはあります。
男性からするとクンニがしやすいということと、隠すものがなく、文字通り全てを見られる解放感で気持ちよさが増すということです。

ついでに言うと、エッチの後に精子とかを拭きやすいですし、清潔さを保てるのもメリットですよね。

 

脱毛後は放置or維持?

パイパンにしたあとは、放置してまた普通の状態に戻すか、パイパンを維持するか考えなくてはいけません。

普通の状態に戻すなら放置すればいいんですが、毛が生え戻る数日間はチクチクと気持ちが悪い…。

それが嫌になってまたパイパンに戻しちゃったこともありました。一度してしまったらずっとパイパンの方が気楽かもしれません。

 

脱毛エステなんかでも定期的にケアしてくれますし、ずっとパイパンもありかもしれませんね。

 

パイパンにするなら脱毛?剃毛?

パイパンにするためなら、毛をなくさないといけませんが、その方法は脱毛か剃毛かです。
それぞれメリット・デメリットがあります。

脱毛のメリットは長くパイパンを維持できるという点です。永久脱毛だとしばらくエステに通うだけでもう生えてこなくなります。

ケアもほとんどなくラクラクにパイパンを維持できます。ただし最初に脱毛するときに結構なお金がかかるのがデメリットです。

 

対して剃毛は気楽に、誰でも、いつでもできるところがメリットです。お風呂なんかで剃れば良いわけですから、すぐにできます。

ただし、危険が伴うところと、ケアが難しいところ、ずっとケアをしつづけなければならないところがデメリットです。

ただしまた毛を生やすこともできるので、自分の気持ちに合わせることができる点もあります。

自分の価値観・ライフスタイルに合わせて選んでくださいね♪

おすすめの記事