私はインターネット広告の代理店をいくつか渡り歩いていて、もう10年ぐらいこの業界にいます。

最初は未経験の業界だし、未経験の職種だし、全然勝手が分からず、CPCとCPAの計算式もネットで調べたり本を買って勉強しながらやっていましたが、数社目の代理店に転職した時、急に評価が高くなり、トントン拍子でプレイヤー側からマネジメントする側になりました。(年上で先輩の部下もいたりしてめっちゃ大変ですが…)

 

なぜ、私はアラサーで出世することができたのか。

 

まぐれではありません。私はちゃんと狙いすまして出世したのです。これはガチです。

私の出世術を紹介していきましょう。

 

そもそも出世・昇格する人の特徴

そもそも出世する人ってどういうひとなんでしょう?

仕事ができるのはもちろんですが、人望や人徳があったり、人間関係を良好に築けたりしそうですよね。

そういった要素ももちろんあるでしょう。

 

でも例えば、1万時間の法則というものがありますよね。
あれは、どんなことであったとしても一つの物事に1万時間費やすと達人の域になる、というやつです。(ざっくりですみません…)

で、私の場合は広告代理店で働いて10年近く年経ってますので、仮に

8時間勤務×年間約240日労働×6年=11520時間

ていう感じに…なるかと思いきや、実はならなくてですね。

なんでかっていうと、広告代理店は1日8時間労働なんて甘っちょろい事は言ってらんないのです!

 

じゃあどのくらい働くかって?そうだなー。たぶん平均すると1日12時間くらいなんじゃないですかねぇ。たぶん。メイビー。

なので、1万時間に達するのに全然6年も必要なくて

12時間勤務×年間約240日労働×4年=11520時間

って感じになりますね。2年も圧縮!長時間労働のおかげでめっちゃ成長できるというわけ。

そうなると、出世なんてお茶の子さいさいなワケですよw

 

なぜ出世する人と、出世しない人がいるのか

もちろん、要領なんかもあると思います。

私の場合は非常に要領が悪いので、仕事を覚えるのに時間がかかってしまいましたが、なんでも1発で覚えるスーパー仕事人みたいな人もいるじゃないですか。
そういう人はたぶんもっと短期間で、要領よく出世していくんだと思います。

 

仕事においても達人の域にいかに早く、短期間でなれるかがとても大事かなとおもいます。

それが出世する、しないの明暗をわけるのではないかと。

 

仕事ができないから出世・昇進しないわけではない

絶対に覚えておいてほしいのが、仕事ができないからって出世しない、というわけではないんですよ。

今、仕事ができていないだけで、時間が経てば(複数年ちゃんと同じ業種、職種で働けば)加速度的に仕事ができるようになる瞬間が必ずやってくるので、その時を見据えて、ちゃんと目標を持ちながら仕事をしていくのが大事です。

 

というのと、これは本当は言いたくない奥の手ですが
ある程度キャリアを積むと、人と数分話せばその人がデキる人なのかどうかは判別できるようになってきます

で、その眼力が身についてきたあたりで転職活動をして、面接官の仕事力を見極めていくのです。
その時大事なのは、仕事がデキる人のところで内定承諾を出す…ではないのです。

「この人が上長になるのであれば、自分よりも仕事デキなそうだから、ここで働けば自分の方が出世できるな」と思った会社で内定承諾をするのです。

そこで1、2年働けばすぐに頭角を表すことができるので、一気に出世・昇格できるというワケです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今日の話しをまとめると…

・1万時間の法則を駆使して達人になる

・達人の域に達したところで、仕事がデキなさそうな人が上長になる会社で働く

 

ということですね。

これであなたも、ばっちり出世出来ますね!

おすすめの記事