仕事のミスが多くて凹む…そんな人のための改善方法|隠さず、しっかり対策を立てる

仕事をしてると必ずミスります。

特に働き始めたばかりの職場が未経験の職種だった時は、右も左もわからない状態なので、ミス連発する事もあるでしょう。

「ヒューマンエラー」という言葉があるように、どんなに優秀な人材であろうとも"人間"である以上、ミスは仕方ない事ではあります。

でもでも!とはいえ、やっぱりミスるのは嫌ですよね。怒られるし、ヘコむし、評価が下がってしまうかも、とか色々考えてしまいます。

なぜ、仕事をミスるのか?

これを紐解く事ができて、自分の納得できる対策が打てれば、ミスは減るわけです。

今回は、ミスの原因と、ミスった時にどうすれば良いか、お話ししていきましょう。

自分の解釈(勘違いしたまま)で覚えてしまう

職歴が浅かったり、未経験の職種に転職したばっかり、といった時に起こりがちなミスの原因ですが、解釈を間違ったり勘違いしたまま仕事を進めてしまうパターンがありますね。

自分の中では、依頼された通りに仕上げたはずだ、と自信を持って納品しても「いや、そうじゃないんだよなぁ」と言われる事は、往々にしてあるわけです。

まぁ依頼者の要件定義がイケてない、という事も無くはないのですが、今回一旦置いておきましょう。

自分の解釈だけでどんどんタスクを進めてしまうと、後で、やっぱり認識に相違があった、という状況になりがちです。

なので、自分の解釈と、依頼者の解釈が同じである、というすり合わせができると非常に良いですね。

難しいのは、「理解できていない箇所を言語化できるか」ということ。

細かいニュアンスのところまで言語化して、認識をすり合わせられるようになると、ミスは途端に無くなります。

自己流のやり方でタスクを進めてしまう

これに関しては良い側面と悪い側面があるのですが、やり方が自己流過ぎてミスる場合があります。

成果物のクオリティーが担保できればやり方は問わない、といった仕事であればやり方なんて自由なのですが、自由度が高い仕事ばかりではないですよね。

順序立てて業務を遂行していないだけで鬼の様に怒ってくる人も残念ながらいます。
これは個人の意見ですが、請求関連や法務のような管理部門とかに、このタイプは多い気がしますね…。
「それ、順番がちょっと変わっただけで成果物としては同じなんだが」みたいな。

まずは先輩や上司のやり方を完璧に真似てみて、それから自己流のやり方にするようにしましょう。

なんだかんだでPDCAの結果、今のやり方で落ち着いているタスク、というのはあると思います。なので、自己流にするのは後回しにしましょう。

最後に|ミスった時こそ原因だけでなく「リカバリー方法」を考える

ミスは起こるものとして、ミスを連発してしまう場面もあると思います。私も、ミスって報告書書いてる時に、さらに別件でミス発覚して報告書を書くはめになった時は、マジで自分を呪いました…。

でも、報告書って実は良い振り返りでもあって(いや、会社としては損害出てるからダメなんだけど…w)

・なんでミスったのか?
・どのタイミングでミスったのか?
・どうすればミスを防げたのか?

っていう、原因と対策を考える機会になるわけですね。
当たり前な事とうっすら認識しつつも、いざ言語化しようとすると結構難しくて。これを強制的に、対外(クライアント)向けの文章と、対内(社内報告用)向けの文章にしていく工程が、意外と自分の仕事スキルを上げてくれたりするわけです。

…いや、まぁ報告書なんて書く機会は、基本的に無い方が良いですがね(; ̄ェ ̄)

原因と対策を把握できると、ミスった時のリカバリー案が考えられるようになるのも意外と重要です。リカバリー案が考えられて、それをサッと対応できれば上司や先輩からの評価も上がるかもしれません。

例えば

「ミスしてしまったのですが、どうしましょう…?」

と、上司や先輩に聞くよりも

「ミスしてしまったのですが、〇〇を△△にすれば、被害を最小限に抑えられそうなので、それだけ対応していいですか?」

みたいな感じで聞けば、上司や先輩から承諾をもらうだけで済みます。
もし間違っていても指摘されるだけですし、ミスった事以上に心がエグられることはほぼありません。(笑)

仕事のミスは、気付きのチャンスでもあります。

ミスが多いからって腐らず、真摯に向き合うことで、自分の糧にしていきましょう。

おすすめの記事